“印物”の読み方と例文
読み方割合
しるしもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日が婚礼なので、門に高張を立て、店には緋の毛氈を敷いて金屏風をめぐらし、上下を着た番頭や印物を着た鳶頭が忙しそうに出たり入ったりしている。
顎十郎捕物帳:20 金鳳釵 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
孝「やい、何をしやアがるのだ、サア何奴でも此奴でも来い飯島の家来には死んだ者は一も居ねえぞ、お印物の提灯を燃やしてしまって、殿様に申訳がないぞ」
供前ぐるのみならず、提灯を打落とし、印物しましたから、憎い奴、手打にしようと思ったが、づからの中間を切るでもないと我慢をしているうちに