“勸進帳”の読み方と例文
新字:勧進帳
読み方割合
くわんじんちやう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うなれば次第御器量ましふ、今宵小梅が三せて勸進帳の一くさり、悋氣ではけれどれほどの御修業つみしもらで、何時しの貴郎とおもひ
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それに向つた藝者は長唄「勸進帳」の初めの合の手を一生懸命に彈いてゐる。
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
「へツ、飛んだ色つぽい勸進帳で、おや/\/\」