“勝算”の読み方と例文
読み方割合
しょうさん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勝氏所見は内乱の戦争を以て無上の災害無益労費と認め、味方に勝算なき限りはして速にるにかずとの数理を信じたるものより外ならず。
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
……どうだ、藤波、勝算があるか。……それとも、また、北の顎十郎にシテやられるか
だがしかし——燕作のにはりっぱに勝算がたっていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)