“剪:つ” の例文
“剪:つ”を含む作品の著者(上位)作品数
太宰治1
宮本百合子1
森本薫1
薄田泣菫1
黒島伝治1
“剪:つ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「散髪なんか一々理髪床かみゆひどこでするには及ばない。めいめい剪刀はさみみ切る事にしたら、散髪代だけ儲かる。」
(思い出して)ああ、今日妾あの子の髪をんでやらなくちゃァ、あの子は唄も巧いし……。
華々しき一族 (新字新仮名) / 森本薫(著)
八つ手の下を潜って、横手から、彼は、咲かずに萎れた蕾をみ始めた。
伸子 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
わかっていますよ、くやしかったら肥桶をかついでお出掛けなさい、出来ないでしょう、なんだいそんな裏だか表だかわからないような顔をして、鏡をのぞき込んでにっこり笑ったりして、ああ、きたない、そんな事をするひまがあったら鼻毛でもんだらどう? 伸びていますよ、くやしかったら肥桶をかついで
新釈諸国噺 (新字新仮名) / 太宰治(著)
働く、働く、ゼニ一文も呉れない。髪めない。手拭買えない。正月、十五銭呉れるだけ。子供、一年、二年、三年働く。いつまでも働く。いつまでも正月に十五銭だけ。いつまでも外へ出られない。三年間、一日もここから出ない者十八人。働くばかり。希望、一ツもない。絶望する。九ツか十の子供、子供なりに、死ぬ方がましと考える。
武装せる市街 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
PR