“剪花”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きりばな100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“剪花”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
米を一升買いに出る。ついでに風呂敷をさげたまま逢初あいぞめ橋の夜店を歩いてみた。剪花きりばな屋、ロシヤパン、ドラ焼屋、魚の干物屋、野菜屋、古本屋、久々で見る散歩道だ。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
夕御飯が済んで、小さい女中と二人で、油ものは油もの、茶飲み茶碗は茶飲み茶碗と、あれこれと近所の活動写真の話などをしながらかたづけものをして、剪花きりばなに水を替えてやっていると、もうその頃はたいてい八時が過ぎている。
生活 (新字新仮名) / 林芙美子(著)