“剪除”の読み方と例文
読み方割合
せんじょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
尚おで一言附け加えて置きたいのは、われ等の教が、徹底的に一切の恐怖を、人の心から剪除せんことである。
あるいは剪除して作った人造人間を投入して、そうして何事が起こるかを見ようとするのである。
科学と文学 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
ご聡明達識の大塔宮には、尊氏の野望を観破あそばされ、未前に剪除あそばされようとなされた。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)