“前掛:まえか” の例文
“前掛:まえか”を含む作品の著者(上位)作品数
伊藤左千夫2
アウグスト・ストリンドベリ1
宮沢賢治1
“前掛:まえか”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学7.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
自分のからだにだけは非常ひじょう潔癖けっぺきであって、シャツとか前掛まえかけとかいうものは毎日あらっている。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
白いシャツをひじまでまくり、天竺てんじくもめんのまっ白い前掛まえかけして、かいがいしいごしらえだ。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
おふくろが前掛まえかけでなみだをふきながら茶をだしたが、どこにもよいことばかりはないと、しみじみ糟谷かすや嘆息たんそくした。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
奥さんは聖ヨハネの祭日にむすめに着せようとして、美しい前掛まえかけを縫っていました。
子供らがさけんでばらばら走って来て童子にびたりなぐさめたりいたしました。る子は前掛まえかけの衣嚢かくしからした無花果いちじくを出してろうといたしました。
雁の童子 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)