“円喜”の読み方と例文
読み方割合
えんき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長崎円喜、金沢ノ大夫宗顕佐介前司宗直、小町の中務秋田、越後守有時右馬茂時相模高基刈田式部、武蔵の左近将監など、ひと目に余る。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それなん鎌倉の執権高時の内管領、長崎円喜の子、左衛門尉高資と申す者よ。うそでない証拠も見しょう。きのう今日、蝦夷の津軽から兵乱の飛報が都に入っておる。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
狂癲の持病を発作したり、キャキャとはしゃぐと、よくを垂らしたりしたので、彼を盲愛する生母の覚海尼公も、後見の長崎円喜らも、たまりかねて、その栄座から、ひっ込めたものであったが
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)