其所こゝ)” の例文
母「さアよ多助どうしたもんだ、其所に立っているから立っていべえじゃアねえか、汝からろというに」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
忘る蓬莱仙境も斯るひはよも非じと云ふべき景況なれば萬八樓よりたる一同は大門内山口巴と云引手茶屋へば是は皆々樣御ひで能うこそおれしぞ先々二階へつしやいと家内の者共喋々しき世事の中にも親切らしく其所其所よと妓樓
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)