“八尺”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やさか55.6%
ハツシヤク33.3%
やた11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“八尺”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史3.5%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ここにそのぎし八尺やさか勾璁まがたま、鏡、また草薙くさなぎの劒、また常世とこよの思金の神
また八尺やさか入日子いりひこの命が女、八坂やさか入日賣いりひめの命に娶ひて、生みませる御子、若帶日子わかたらしひこの命
雲は火となり、日は八尺ハツシヤクの鏡と燃え、青い響きの吹雪を、吹きく嵐——。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
雲は火となり、日は八尺ハツシヤクの鏡と燃え、青い響きの吹雪を、吹き捲く嵐——。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
上枝ほつえに八尺の勾璁の五百津の御統の玉を取りけ、中つ枝に八尺やたの鏡を取りけ、下枝しづえ白和幣しろにぎて青和幣あをにぎてを取りでて一五