“余烟”の読み方と例文
読み方割合
よえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
んぬる正平の昔、武蔵守殿(高師直)が雲霞の兵を引具して将軍(尊氏)御所を打囲まれた折節、兵火の余烟れんものとその近辺の卿相雲客、或いは六条の長講堂
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
白くいぶる余烟とを透して見定めると、蒼白をしてやつれきった一人の男が、白衣の上に大柄な丹前を羽織って、火の方に向きながらしきりに自分の面を撫でている。
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
んぬる正平の昔、武蔵守殿(高師直)が雲霞の兵を引具して将軍(尊氏)御所を打囲まれた折節、兵火の余烟れんものとその近辺の卿相雲客、或ひは六条の長講堂
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)