“以心伝心”の読み方と例文
読み方割合
いしんでんしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「万事簡便主義です。人間と人間の交渉ですから、然ういう場合も以心伝心で行きます。お役所と違って、辞令ってものが一切ありません」
負けない男 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「妙だね、こりゃおつだよ、以心伝心、若いものにをもたせようとするのかな。湯川はそうはいかないぜ。」
姉婿たる武蔵守も、そこは以心伝心、わかっている。それほど秀吉が自分にむところいわけでもあると。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)