“仏桑花”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぶっそうげ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ねむの花のような緋色ひいろの花の満開したのや、仏桑花ぶっそうげの大木や、扇を広げたような椰子やしの一種もある。
旅日記から (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
その隣では仏桑花ぶっそうげの燃ゆるように咲き乱れた門口でシャツ一つになった年とった男が植木に水をやっていた。
旅日記から (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)