“仏桑花”の読み方と例文
読み方割合
ぶっそうげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
植物園では仏桑花、ベコニア、ダリア、カーネーション、それにつつじが満開であった。暑くて白シャツの胸板のうしろを汗の流れるのが気持ちが悪かった。
旅日記から (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
煙がはうようにのびてくる仏桑花。そして赤い大きな花がひらいたと思うと、たちまちすぼみ、また大きな花がたくさん次々に咲いてはすぼみ、まるで花で呼吸をしているようであった。
ふしぎ国探検 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その隣では仏桑花の燃ゆるように咲き乱れた門口でシャツ一つになった年とった男が植木に水をやっていた。
旅日記から (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)