“仏桑華”のいろいろな読み方と例文
旧字:佛桑華
読み方(ふりがな)割合
ぶっそうげ75.0%
ぶつそうげ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“仏桑華”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.5%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そういえば、南洋到る所にある・赤や黄の鮮やかなヒビスカスは、一般に仏桑華ぶっそうげといわれているが、王漁洋の「広州竹枝」に、仏桑華下小廻廊云々とある、それと同じものかどうか。
あの紅の花はと訊ねると、仏桑華ぶっそうげと答える。
欧洲紀行 (新字新仮名) / 横光利一(著)
垣根には、南国の強い日光を受けて仏桑華ぶつそうげの花がパッと明るく燃えて居た。
奥間巡査 (新字旧仮名) / 池宮城積宝(著)