“仏華”の読み方と例文
読み方割合
ぶつげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仏祖釈尊もこの国へ渡ってきて、東なる仏国日本に万朶仏華を見るうえは、仏祖も天皇のみ心とひとつでなければならないし
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
被害者の忌日の獄に仏華なく春雨降りて静かに昏れし
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
ここに移り住むまでは、観心寺にもいて、また、良人とは道契のふかい妙心寺の授翁和尚とも親しく、自然、彼女も信仰にかったが、有憂無憂仏華後世のながめであった。
日本名婦伝:大楠公夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)