“人甲斐”の読み方と例文
読み方割合
ひとがい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かゝれ/\と刀柄をたゝけば、応と意気込む覚えの面々、人甲斐も無き旅僧一人。何程の事やあらむとりつゝ、雪影うつらふ氷のを、抜きれ抜き連れひかゝる。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)