“井守”の読み方と例文
読み方割合
いもり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「松明仕掛けの睡り薬で参らすんだ。その作り方は、土龍井守蝮蛇の血に、天鼠、百足、白檀、丁香、水銀郎の細末をまぜて……」
猿飛佐助 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
表には左り、右堀田原とある。だのに赤い字がかに見えた。赤い字は井守の腹のような色であった。
夢十夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
才蔵ヒョイと地面を覗くと、猿と山猫と大きな、それから腹の赤い大きな井守。頭を砕かれ腹を裂かれ血を流して死んでいる。そうしてこれらは再び生き返りそうにも見えなかった。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)