“亀蔵”の読み方と例文
旧字:龜藏
読み方割合
かめぞう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
名代福山蕎麦(中巻第一図)さては「菊蝶の紋所花の露にふけり結綿のやはらかみ鬢付にたよる」瀬川白粉店(中巻第八図)また「大港渦巻さざれ石のに遊ぶ亀蔵せんべい」
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
門番を調べてみれば、卯刻過に表小使亀蔵と云うものが、急用のお使だと云って通用門を出たと云うことである。亀蔵は神田久右衛門町代地の仲間口入宿富士屋治三郎が入れた男で、二十歳になる。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
植木屋は雑司から来る五兵衛という腰のまがったであったが、竜子が丁度高等女学校へ進もうという前の年松の霜よけをしに来た時、徴兵から戻って来た亀蔵というを連れて来て
寐顔 (新字新仮名) / 永井荷風(著)