“五兵衛”の読み方と例文
読み方割合
ごへえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「第十、むらの火。これは、ただごとでないと、つぶやきながら、五兵衛は家からきた……」
(新字新仮名) / 新美南吉(著)
植木屋は雑司から来る五兵衛という腰のまがったであったが、竜子が丁度高等女学校へ進もうという前の年松の霜よけをしに来た時、徴兵から戻って来た亀蔵というを連れて来て
寐顔 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
伝右衛門五兵衛、正助、みんな五十に近い者ばかりでござります」