“下尅上”の読み方と例文
読み方割合
げこくじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの建武の昔二条河原の落書とやらに申す下尅上する成出者の姿も、その心根のしさをもって一概に見どころなき者としめなみする心持にもなれなくなります。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
専ら父が築いてくれた有利な地盤を蹈台にして、弁舌と、機智と、世才とを以て巧みに上長に取り入りつゝ下尅上の時勢に乗じたのであるから、大名とは云うものゝ
あの建武の昔二条河原の落書とやらに申す下尅上する成出者の姿も、その心根のしさをもつて一概に見どころなき者としめなみする心持にもなれなくなります。
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)