“ゆくすえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
行末69.8%
将来26.4%
前途1.9%
未来1.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けい それはね……強い様なことを言っても女ですもの、過ぎて来た日の事や行末ゆくすえのことを考えて眠れない事もありますよ。
女の一生 (新字新仮名) / 森本薫(著)
かかる放蕩ほうとう者の行末ゆくすえ覚束おぼつかなき、勘当せんと敦圉いきまき給えるよし聞きたれば
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
身の振り方を尋ねる者、将来ゆくすえの吉凶を尋ねる者、人相家相手相、などを、占なってくれと頼む者、そういう者まで現われた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
絶えず甲板の上に将来ゆくすえの夢を描いてはこの世における人の身の上のことなどを思いつづけていたことだけは記憶している。
忘れえぬ人々 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
その時かれは二十二歳であったが、郷党みな彼が前途ゆくすえの成功をぼくしてその門出かどでを祝した。
河霧 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
功名も、富貴も、それは皆若い私の夢であった、私はもうちりのような、煙のような未来ゆくすえの空想を捨てて、辛い、苦しい生存ながらえみちをたどらなければならないのだ。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)