“みみたぶ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
耳朶98.2%
耳髱1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「人格」、「大事にする」、「当り前」、こんな言葉がそれからそれへとそこに佇立んでいる彼女の耳朶きに来るだけであった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ああ、うつくしい白い指、結立ての品のいい円髷の、らしい柔順耳朶かけて、雪なすが優しく清らかに俯向いたのです。
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
耳髱がブルブルえていた。色がだんだん紅くなった。バッチリ噛み切る歯音がした。鬢の垂れ毛を噛み切ったらしい。
銅銭会事変 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
彼女は耳髱に注意した。耳髱はいつもピンク色であった。それが彼女を若々しく見せた。
銀三十枚 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
総髪の裾が両肩の上に、ゆるやかに波を打っていた。その顔色は陶器のようで、ひどく冷たくて蒼白かった。眼の形はのようであった。眼尻が長く切れていた。耳髱へまで届きそうであった。
銅銭会事変 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)