“ほそぼそ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
細々90.9%
微々9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こうして、私は私自身の薄弱な力の許す限り周囲に打克うちかって、細々ほそぼそながら自己の経済的独立を建てて来ました。
その黒い糸のようなものが、見よ、今恩田のトラックの尾端から、闇夜の道路に細々ほそぼそと筋を引いているではないか。
人間豹 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
かれくびべ、耳をそばだてておしえてり。答うる者はあらで、婦女おんなうめく声のみ微々ほそぼそと聞えつ。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)