“びょうき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
病気98.4%
病症0.8%
病起0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
するとだんだんがふさいで、病気になりました。それから八ったに、って、きながら、こういました。
診察は即ち大場連斎がするのですから、成るほど是は容易ならぬ病症で、外面には爾までにも見えぬけれど心臓に余ほどの危険な所があるなどといい、一も二もなく監獄の病院へ入れました。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
病起(ママ)野に立てば水ぬるみけり
俳句の作りよう (新字新仮名) / 高浜虚子(著)