“ひざ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒザ
語句割合
98.3%
陽射0.6%
日射0.5%
0.4%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あなたは母様のに抱っこされて居た。そとではしくえ狂うので、地上のありとあらゆる草も木も悲しげに泣き叫んでいる。
少年・春 (新字新仮名) / 竹久夢二(著)
追い追いはげしくなる陽射しのしたで、コン吉は、セント・エレーヌに流されたナポレオンの心情もかくやとばかり、悲憤の涙にくれるのであった。
僕は滅茶苦茶に畑の仕事に精出した。暑い日射しの下で、うんうんりながら重いを振り廻して畑の土を掘りかえし、そうして甘藷の蔓を植えつけるのである。
パンドラの匣 (新字新仮名) / 太宰治(著)
天幕を組み立てた糸がスルスルと手繰られて、雫のポタポタする重い油紙が、まずくように岩盤の上に折り重なる、飯をいだあとの煙が、赤樺の梢を絡んで
槍ヶ岳第三回登山 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
それで十五、六丁ある水の流れて居る所を渡るのですが浅い所はほどしかない。それも水は五、六寸位のもので底が見えて居るですがやはり砂の中に足がり込むからまで入る。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)