“はまべ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
浜辺84.0%
濱邊12.0%
海濱4.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれど浜辺に立ってたまさかに遠くの沖をかすめて通る船の影を見ると、わしには再び希望がびるように浮かんでくるのです。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
瀧口胸愈〻轟き、氣も亂れて飛ぶが如く濱邊をさして走り行く。雲に聳ゆる高野の山よりは、眼下に瞰下す和歌の浦も、歩めば遠き十里の郷路、元より一半晌の途ならず。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
第七 一ヶ五六村里れたる山林海濱で、四五歩行すべき
養生心得草 (旧字旧仮名) / 関寛(著)