“なりもの”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ナリモノ
語句割合
鳴物87.0%
楽器4.3%
熟果4.3%
音楽4.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
というのは、その道具立てや、出入りの鳴物なりもの合方あいかたのたぐいが、わたしにはちっとも判らないからであった。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
こういう事態の起こっている間に、柳町のかけ小屋では、今が木戸番の声や鳴物なりものの客呼びがたけなわのところであります。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これは信者の婦人が楽器なりものりで、白装束しろしょうぞくはかま、下げ髪で踊るのだった。
その乳房をみずみずしい果物の熟果なりもののように胸にぶら下げてぷりぷり震わせながら二三人ずつも向き合って身体を洗っている日本のお湯屋の内部の女。
豆腐買い (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
其上に音楽なりものがお上手で、ピアノとかは専門家しやうばいにんに負けないお伎倆うでまへださうだ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)