“とうま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
当麻40.0%
東馬40.0%
稲麻20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
重昌その日の出立いでたちは、紺縅鎧こんおどしのよろいに、金の采配を腰に帯び、白き絹に半月の指物さし、当麻とうまと名づける家重代の長槍をって居た。
島原の乱 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
ダッ——と横に跳ね飛ぶと、砂地へ半身うずめこんだように身をかがめ、当麻とうま五郎のだんびらを守りがまえの青眼に、二ツのひとみは剣のミネをおもむろにたどって、月光をチカッと射る鋩子ぼうしの先から、そこにえぬけた対手あいての正体を見直しました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
名高い西宮海清寺の住職南天棒和尚の弟子に、東馬とうま甚斎という居士があった。
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)
東馬とうまもう何刻なんどきであろう?」
剣侠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
あたかも稲麻とうま竹葦ちくいと包囲された中に籠城ろうじょうする如くに抜差ぬきさしならない煩悶はんもん苦吟にさいなまれていた。
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)