“ぞうり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
草履99.6%
草鞋0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(急に低くなりますから気をつけて。こりゃ貴僧には足駄では無理でございましたかしら、しくば草履とお取交え申しましょう。)
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お銀様も快く駕籠を出て、茶屋から借りた草履穿いて、盛んに景気を立てている相撲小屋の方へと、石ころ道を歩きはじめました。
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
ふと気付くと蜜柑の木の下に立っている。見覚えのある蜜柑の木だ。蕭条と雨の降る夕暮れである。いつの間にか菅笠っている。白い着物を着て脚絆をつけて草鞋穿いているのだ。
いのちの初夜 (新字新仮名) / 北条民雄(著)