“じうるゐ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
従類50.0%
獸類50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
従類眷属りたかつて、げつろしつむ、呵責魔界清涼剤ぢや、差置けば人間気病ぬとな……
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
鳥類ならば一發の石鏃の爲にるることも有るべけれど、鹿の如き獸類は中々彼樣の法にて死すべきにあらず。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)