“しゞやう”の漢字の書き方と例文
語句割合
至情100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
至情をあざけるは、百萬年も千萬年きるがい、御氣ながら地球諸君むべくつてる、のかたまり先生諸君
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
ふをは、しげな傳説學説はぬがよい。至情である。
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)