“しよげつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
初月50.0%
庶孽50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
予等は梅花の一瓣にも、ひ、初月を想ひ、空山を想ひ、野水を想ひ、断角を想ひ、書燈を想ひ、脩竹を想ひ、清霜を想ひ、羅浮を想ひ、仙妃を想ひ、林処士の風流を想はざるはず。
続野人生計事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
晏嬰田穰苴めてく、『穰苴田氏(四)庶孽なりとも、れども其人け、す。はくはみよ』