“しゅくはずれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
宿外50.0%
駅尽頭50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分はこの広い往還おうかんの真中に立ってはるか向うの宿外しゅくはずれ見下みおろした。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
追手おって一組ひとくみは早くも駅尽頭しゅくはずれの出口をやくして、の一組はただちに美濃屋に向った。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
茅葺かやぶき板葺こけら瓦葺かわらぶきの嫌いなく、隣から隣へと屋根を伝って、彼は駅尽頭しゅくはずれの方へ逃げて行った。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)