“しまりや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
倹約家50.0%
吝嗇家25.0%
吝嗇屋25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
加之年老つた両親と、若い妻と、妹と、生れた許りの女児と、それに渠を合せて六人の家族は、いかに生活費のらぬ片田舎とは言へ、又、倹約家の母がいかにつてみても
足跡 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
元来が上方者吝嗇家だったから、御殿奉公中からちょびちょび小金を溜めて大分持っていたそうだ、しかしもうなので屋敷もを貰って自分は此処へ一軒らしく家を建てたが
暗夜の白髪 (新字新仮名) / 沼田一雅(著)
質屋というと、堅気の中でもかちかちの吝嗇屋らしく聞えるが、ら商売になってゆくのは、盗品買だといううわさのある質屋なのである。で、そこの番頭という才助の眼もどこか鋭かった。
魚紋 (新字新仮名) / 吉川英治(著)