“ささげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
大角豆41.7%
豇豆16.7%
佐佐宜8.3%
十六角豆8.3%
小豆8.3%
8.3%
角豆8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
或いは大角豆ささげだけは勝手に畠に入ることを許していたという土地があるのも、私には意味のあることに思われる。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
大豆、小豆、大角豆ささげ、胡麻、栗、柿、あめなりとあって、柿も七種の粉の仲間入りをしているが、くだんの歌に特に柿を上げますというのは、猪は格段に柿を好むにや。
豇豆ささげ 一二・〇五 二二・五八 一・七八 五二・二八 六・九二 四・三六
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
中部以西の盆の精霊棚しょうりょうだなには、この白い米の水のかわりに、はちに水を入れたものを具え、ミソハギの枝をもって供物の上にふり掛け、または墓参の往復にもこれを路上に注ぐが、その水鉢の中へは茄子なす豇豆ささげなどの細かくきざんだもののほかに、家によっては米粒を入れておく。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
また息長おきなが眞手まての王が女、麻組をくみの郎女に娶ひて、生みませる御子、佐佐宜ささげの郎女一柱。
三角形にうねをなした、十六角豆ささげの手も高く、長い長いさやが千筋に垂れさがっている。
紅黄録 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
右手はただもウ田畑ばかり,こッちの方には小豆ささげの葉の青い間から白い花が、ちらちら人を招いていると,あちらには麦畑の蒼海そうかいが風に波立ッているところで
初恋 (新字新仮名) / 矢崎嵯峨の舎(著)
翌日は伊木力で野外に祭壇を設けてミサ聖祭をささげて、大村に乗込んで、棄教した領主に再び改宗をすゝめる書翰を捧げて、捕はれた。