“あずき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
小豆98.4%
赤小豆1.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小豆あずき粒くらいの大きさの花火が、両耳の奥底でぱちぱちぜているような気がして、思わず左右の耳を両手で覆った。
玩具 (新字新仮名) / 太宰治(著)
「栄三郎どのか、ちょうどよいところへ戻られたナ。あがらんうちに、その足で小豆あずきをすこしうて来てもらいたい」
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
佐藤成裕の『中陵漫録』二に虎狗を好み狗赤小豆あずきを好み猫天蓼またたびを好み狐焼鼠を好みしょうじょう桃を好み鼠蕎麦そばを好み雉子きじ胡麻を好み
虎狗を食して淫を起し狗赤小豆あずきを食して百疾をいやし猫天蓼をくろうてしきりにまじわる、狐焼鼠を見て命を失う猩桃を得て空になげうつ、鼠蕎麦に就いて去る事を知らず