“こぶくろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コブクロ
語句割合
小嚢40.0%
子宮20.0%
小袋20.0%
粉袋20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分は小嚢こぶくろから沈子おもりを出して与え、かつそのシカケを改めてろうとした。
蘆声 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
そういってから、腰に吊していた匕首プニャアレを抜き、三度死人の頬に触れ、死人の毛髪を少し切り取って胸の小嚢こぶくろに納め、それから柩に向って手をうちながら、荘重な声で、即席の埋葬ヴォチェロ歌を唄い出した。
さてその子宮こぶくろより千べつ兒供こどもうまれ、そのむねをまさぐりてふやうに
萬有ばんいうはゝたる大地だいぢその墓所はかどころでもあり、またその埋葬地まいさうちたるものがその子宮こぶくろでもある
房枝の手は、ぶるぶるとふるえている。やはりスミ枝の手を借りて、お守袋を開き、中からうすよごれた小袋こぶくろをとりだした。そのとき、房枝は、はっと息をのんだ。
爆薬の花籠 (新字新仮名) / 海野十三(著)
あたしは、メリケン粉袋こぶくろのような身体を同じところによこたえたまま、ただ夫がするのを待つより外なかった。
俘囚 (新字新仮名) / 海野十三(著)