“かのじょ”の漢字の書き方と例文
語句割合
彼女100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当時は婦人の身長が一体に低かったようであるが彼女も身のが五尺にたず顔や手足の道具が非常に小作りで繊細を極めていたという。
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
ある日、わたしが彼女の部屋へ入って行くと、彼女は籐椅子にかけて、頭をぎゅっと、テーブルのとがったしつけていた。
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
右のこわきに、咲耶子のからだを引っかかえていた。不意に、当身をうけたのであろう、彼女は力のない四をグッタリとのばしていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)