“龍雄”の読み方と例文
新字:竜雄
読み方割合
たつお100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
瑠璃子は父の命ずるまゝに、応接室の壁に古くから懸っている、父が好きな維新の志士雲井龍雄の書の上へ、夏珪の山水を展開した。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
龍雄にいなくなったときくと、ごろからいじめられていた子供らは、みな安心しました。もうこわいものがないとったからです。
海へ (新字新仮名) / 小川未明(著)
吉田松陰や雲井龍雄のような志士革命家を指すのである。
詩の原理 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)