“高飛”の読み方と例文
読み方割合
たかとび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此処に伯父が住職して居るから金まで盗んで高飛し、頭をこかして改心するから弟子にしてと云うて、成らぬと云うをて頼み、斯うって今では住職になって
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
御奉行所へ申したる樣子ゆゑも角も惡事のになりたりれば所詮してはられず何でも足元のるい高飛をするより外に思案はなしと忽然の惡心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それとお前がくッついて殿様を殺し、大小や有金引攫高飛をしたのだから、云わばお前も盗みもの、それにお國も己なんぞに惚れたはれたのじゃなく、お前が可愛いばッかりで