“頸珠”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くびたま66.7%
くびだま33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宮良氏の『南島叢考そうこう』には八重山やえやまでは薏苡仁をチーダマと謂い、これをつねの日の頸珠くびたまにするふうがあったというのは、近い頃までのことだったかどうか。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
若者は眉目の描いたやうな、肩幅の広い男であつた。それが赤や青の頸珠くびたまを飾つて、太い高麗剣こまつるぎいてゐる容子ようすは、殆ど年少時代そのものが目前に現れたやうに見えた。
老いたる素戔嗚尊 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
殊にこの若い女は、きらびやかな頸珠くびだまや剣を飾っているだけに、余計人間離れのした、山媛やまひめのような気がするのであった。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
頸珠くびだまつるぎは云うまでもなく、生捉いけどりになった時に奪われていた。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)