“青虫”の読み方と例文
読み方割合
あおむし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うすくりた、ある、からたちののところにしがみついて、金色を、ありがたそうにっている青虫がありました。
冬のちょう (新字新仮名) / 小川未明(著)
花弁のかげに青虫がたかって居た。
秋風 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
「おれかい。ニューギニアだ。おれはへびもたべたし、とかげも、青虫も、なんでもたべた。まだ、ろうそく、マッチは、たべなかったよ。」
新しい町 (新字新仮名) / 小川未明(著)