“青海”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せいかい37.5%
あおうみ25.0%
あをうみ12.5%
あをみ12.5%
ココ・ノール12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ことに折竹は、西南奥支那の Hsifan territory——すなわち、北雲南、奥四川青海、北チベットにまたがる、「西域夷蛮地帯」通として至宝視されている男だ。
人外魔境:03 天母峰 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
立去りあえずむのがであったが、恋しさもしさも、ただ青海の空の雲の形を見るように漠然とした、幻に過ぎなかった。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
この天皇、葛城曾都毘古の子、葦田の宿禰が女、名は黒比賣の命に娶ひて、生みませる御子、忍齒の王、次に御馬の王、次に妹青海の郎女、またの名は飯豐の郎女三柱。
またそこを、鹹湖青海」あたりの蒙古人は Kuso-Bhakator-Nor——すなわち、「英雄のゆく墓海」と称している。
人外魔境:03 天母峰 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)