“青毛布”の読み方と例文
読み方割合
あおげっと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その後へ来た青毛布のじいさんなどは一向匂いなにかは平気な様子でただ虎のでけえのに驚いている。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
黒い毛氈の上に、明石珊瑚、トンボの青玉が、こつこつとびた色で、古い物語をばすもあれば、青毛布の上に、指環、鎖、襟飾燦爛と光を放つ合成金の、新時代を語るもあり。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
黒い天鵞絨で造った頭陀袋なぞをにかけ、青毛布を身にまとい、それを合羽の代わりとしたようなおもしろい姿であったが、短い散髪になっただけでもなんとなく心は改まって、足も軽かった。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)