“露芝”の読み方と例文
読み方割合
つゆしば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紫玉は耳をした。道の露芝曲水にして、さら/\と音するの底に、聞きも知らぬ三味線の、沈んだ、陰気な調子に合せて、ふ声がする。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
果心居士は、露芝の上へでて、手に持ったいちめんの白扇をサッとひらき、にフッと息をかけて、あなたへ投げると、はツイと風に乗って飛ぶよと見るまに
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「そんなら、あの、露芝のんは」
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)