“雨月:うげつ” の例文
“雨月:うげつ”を含む作品の著者(上位)作品数
佐藤春夫1
小出楢重1
岡本かの子1
岡本綺堂1
江戸川乱歩1
“雨月:うげつ”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 絵画 > 洋画6.2%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
雨月うげつ物語』の中のいずれの章であったか、れが今度旅から帰るのはくずの葉の裏が白く風にひるがえるころだろうといった意味の文章があった。
その翌日——雨月うげつの夜の後の日は、久しぶりに晴やかな天気であつた。
そこにあつた安永五年刊の雨月うげつ物語を取つて鉢のふたにした。
上田秋成の晩年 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
枝豆をへば雨月うげつなさけあり
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
彼の為人ひととなりを説明するのがこの話しの目的ではないから、別に深入りはしないが、例えば上田秋成の「雨月うげつ物語」の内で、どんなものを彼が好んだかということを一言いちげんすれば、彼の人物がよくわかる。
百面相役者 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
旅僧 雨月うげつ
平家蟹 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)