“雛市”の読み方と例文
読み方割合
ひないち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
海賊橋から江戸橋を渡って、伊勢町を突き当たると大伝馬町、そこから左へ曲がると、もう雛市の始まっている十軒店の通りでした。
旅にある縫助はその日と翌日とを知人の訪問に費やし、出て来たついでに四条の雛市を見、寄れたら今一度正香のところへも寄って、京都を辞し去ろうという人であった。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
橋詰の、あの大樹の柳の枝のすらすらと浅翠した下を通ると、樹の根に一枚、毛氈を敷いて、四隅を美しい河原の石でえてあった。雛市が立つらしい、が、絵合の貝一つ、もおらぬ。
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)