“陽差”の読み方と例文
読み方割合
ひざし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
坊主頭へ四つにたたんだ手拭せて、陽差けながら、高々げたいでたちの相手は、春信摺師をしている八五だった。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
暗さから出ると陽差へ目が眩み
鶴彬全川柳 (新字旧仮名) / 鶴彬(著)
陽差のなかに立ち来つつ
詩集夏花 (新字旧仮名) / 伊東静雄(著)