“附家老”の読み方と例文
読み方割合
つけがろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鎌倉の西御門には紀州の附家老であった水野家の菩提寺(尼寺)の高松寺があります。そこには白梅も紅梅もあります。
俳句の作りよう (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
松平信祝からの火急の使者が来たので、紀州家附家老、安藤帯刀は、自慢の南紀重国の脇差と、蜜柑一籠とを、家来に持たせて、を急がせてきた。
大岡越前の独立 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
「もっともだ、明かすことにしよう。……尾張家の附家老、犬山の城主、成瀬隼人正の家臣、旗頼母、それが俺だ」
怪しの者 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)