“国家老”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くにがろう83.3%
くにがらう16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“国家老”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
事実、龍造寺主計は、庄内しょうない十四万石、酒井左衞門尉さかいさえもんのじょう国家老くにがろう、龍造寺兵庫介ひょうごのすけの長子である。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
けれどもただ私がその事を人に語らず顔色かおいろにも見せずに、御家老様ごかろうさまと尊敬して居たから、所謂いわゆる国家老くにがろうのおぼうさんで
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
元治げんぢ元年十一月二十六日、京都守護の任に当つてゐた、加州家の同勢は、折からの長州征伐に加はる為、国家老くにがらうの長大隅守おほすみのかみを大将にして、大阪の安治川口あぢかはぐちから、船を出した。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)